仮想サーバーの構築に便利なVirtualBoxを使ってみる

一からインストールして、使いこなすまでの道のりを残したいと思います。

VirtualBoxを使うメリットとデメリット

1. メリット
・別のハードウェアを用意する必要なく、ノートPCならば事実上どこでも開発が出来る様になる
・サーバー環境は単なるデータなので、インストール・アンインストール・バックアップが容易
・異なるサーバ環境をPCのディスク容量が許す限り、いくつでも用意できる
・バーチャルマシンのスペックは自由に変更が出来て、後からでも、メモリやHDDの容量を変える
ことができる

2. デメリット
・PCの環境を激しく使う。使用時はCPU負荷が上がり、メモリやハードディスクも消費するので、
ある程度の高スペックが要求される
・バーチャルマシンそのものの動作もそれほど速くはない。どうささせているPCのスペックを消費して動いているので、速くしようとするとPCの動作が重くなるので、要注意である
・サーバー構築の技術は結局、必要となる

(WebデザイナーのためのCakePHPビューコーディン入門より引用)

1. VirtualBoxをインストールする

VirtualBoxをインストール

・Virual Boxとは

Oracleが無料で配布しているソフトで、公式サイトのトップページから
ダウンロードしてきて無料で使う事が出来ます。
マニュアルもありますが、英語です

2. Extension Packをインストールする

Extension Packとは、初期設定の一環でキーボードの設定や解像度の設定などが出きるものです。
インストールは必須で、これをしないと不便で仕方ありません。
これも公式サイトのトップページにリンクが有ります。

Extension Packインストール

この作業が済んだらGuest Additionsという解像度を上げたり、
GUIの仕様をアップグレードする為のファイルの設定が出来ます。

このファイルの設定がインターネットで探すのにとても〜とても〜苦労したのでメモ。

解決方法


1. ゲストOSをシャットダウン。
2. Virtual Box マネージャの「設定」→「ストレージ」を開き、右側パネルの「コントローラ:IDE」→「VBoxGuestAdditions.iso」を選択。
3. さらに右パネルの「属性」→「CD/DVDドライブ」の右側にあるボタンを押し、ドロップダウン表示の中から「既存のディスクを選択」をクリック。
4. ダウンロードしてきたOracle Extension Packを追加してOKをクリック。

sc

↑↑ *IDEプラマリマスターが空になっている事に注目* ↑↑

スクリーンショット 2015-03-11 14.19.47

↑↑*GuestAdditionsが設定されました*↑↑

参考サイト:
http://d.hatena.ne.jp/x76789/20131002/1380664591

実際に使っていきましょう。続きは以下のリンクからどうぞ。

ターミナルからVirtualBoxにssh接続する