ローカル環境でMySQLに接続する

MAMPを導入してCakePHPを動かす課題を自分自身に与えてチャレンジしていきます。

(*ドットインストールのCakePHP講座に沿ってトライしています。)

MAMPのインストール後、MySQLとApacheサーバーを立ち上げて
苦手意識を払拭出来ないまま、とりあえずiTermから接続にチャレンジしました

SC 15-02-13 11.45.29

Access denied ?? …焦らず、ここは一旦中止して構造を理解する ->Mysql

中身の多さにストレス満点、大して理解できないのでもう一度ググってみることに。

やっぱりとても複雑な事をしている・・・。新しい事に一気に4つも挑戦している (*-*)

先ほどインストールして、今なお作っているローカル環境の詳しい状況を確認してみる。

・MAMPのバージョン確認 => 5.6.2
・CakePHPのバージョン確認=>2.5.8
・MySQLのバージョン確認:確認出来ず
・Apacheのバージョン確認:確認出来ず => Web サーバ(図)

Apache ?

んー、バージョンにこだわるのはやめて、先に進みましょう。

とり急ぎ、改めてググってMySQL全般を復習する意味で再調査・・。
MySQLの本家サイトでダウンロードしてきたPDFの一部
(サービスを提供するAgentがMySQLを薦めている etc)
スクリーンショット 2015-02-13 13.45.45

MAMPの名称の由来は、次の4つの頭文字をつなぎ合わせたもの ↓

Mac OS X(オペレーティング・システム)
Apache HTTP サーバー(Webサーバー)
MySQL(データベース)
PHP, Perl, Python(プログラミング言語)

(http://bazubu.com/how-to-insall-wp-in-mamp-23798.htmlより)

これでサーバー環境が大分解って来たので、ローカル環境を使う意味で、

WordPressサイトを構築してみようと思います(出来る感を得ることも大事 ! )
http://localhost:8888/wp/

WordPressをインストールして、階層と構造について理解する

感謝 >> 参考ページ
バズ部 さま
SC 15-02-13 14.57.47

データベースとログインユーザーやパスワードを調べて
ローカルにあったフォルダからconfig.phpを探して書き換え。

ログインして、メールアドレスを登録!

top

CakePHPはさておき(汗)MySQLデータベースを立ち上げ、ローカル開発環境でWordPressはめでたく設置することが出来ました!

次回に続きます [wc_fa icon=”arrow-circle-right” margin_left=”” margin_right=””][/wc_fa]

参考にさせて頂いたサイト:感謝 webdesignrecipes.com さん