vimとは何か

こんにちは。 今日は開発環境を構築する実習をしています。

開発環境でコードを書いたり、gitを操作していく為に、プログラマーはvimで操作するという

情報を聞きつけて、早速取り入れてみました。

ざっくりとした理解でいえば、vim = コマンドライン操作

コマンドラインに慣れておくためにもvimは避けて通れません。

ということで、ターミナルからvimと入力、vimを立ち上げてひたすら入力して実習します。

ui_vim

とりあえずの基本的な事は、visualモードのvとinsertモードのi

Escと:(コロン) で画面遷移できる。

これに慣れることからですかね。はい!  =>  頑張りましょう。

vimが使えるようになれば、多分プロのプログラマーと名乗って100%OKかと思われます。笑

☆オススメ書籍☆
マンガで楽しくvimの使い方を学ぶなら >>

開発環境の構築手順

vimはさておき、開発環境がまだ未完成です。

この後MySQLにも挑戦して、メモを残します(別記事あり

これからCakePHPでブログシステムを作っていく上で、必要なXAMMPあるいはMAMPを取り入れないといけません

私はMacなのでMAMPをインストールしました。

ApacheとMySQLのデータベースを使う為のものです。

サーバを起動ボタンで、MySQLサーバーとApacheサーバーに手っ取り早く接続できます ->
ui_mamp

これをインストールすれば、開発環境の構築は50%ぐらい OK。

CakePHPをダウンロードして、MAMPのフォルダ内、htdocsにCakePHPディレクトリを配置 で60%

MySQLもインストールしたら、システム環境設定にMySQLのアイコンが表示される ↓ ↓ ↓

ui_mysql

これで開発環境の構築は70%ぐらい完了です。

その後、開発に取りかかる為、チームによってはVirtualBoxというOracleの無料ソフトを

使ったりします。このブログでも取り組んでいますので、良かったら参考にしてください。
VirtulBoxを使ってみる

本日もお読み頂きありがとうございました => お疲れ様でした!